shamen-net研究会顧問の山口大学清水則一教授が平成27年度ダム工学会論文賞を受賞いたしました

 ダム工学会論文賞(主催:一般社団法人ダム工学会)は,ダム工学会が刊行する論文集「ダム工学」及び,これと同等の会誌にダム工学に関わる独創的な論文を発表し,ダム工学における学術,技術の発展に著しい貢献をなしたと認められた個人,または団体に対して授与されるものです。
 この度shamen-net研究会顧問でおられる山口大学清水則一教授は,以下論文でダム工学会論文賞を受賞いたしました。

受賞論文名 :GPSを用いたロックフィルダム堤体の地震時変位挙動計測

受賞の様子
左から中島先生・小堀様・清水先生 (2016/5/31撮影)